花咲舞が黙ってない第3話の感想とあらすじ!なんじゃそりゃ!!


花咲舞が黙ってない第3話の感想とあらすじ!なんじゃそりゃ!!
「花咲舞が黙ってない」第3話のあらすじ感想

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202014-04-212022.19.55

http://muryoubrand106.seesaa.net/より引用

 

こんにちは、ドラマ大好き
元番組カメラマンの鳩サブレです。

 

 

今回もドラマ「花咲舞が黙ってない」
第3話の感想とあらすじについて書いて
いこうと思うのですが・・・

 

このページは後半ページになります!!

 

なので、「まだ前半を読んでいない!」
という人は先にコチラをクリック!!
⇒「花咲舞が黙ってない」の感想とあらすじ【前半】

 

 

 




 

 

 

「花咲舞が黙ってない」第3話のあらすじ感想

1239eb67

http://matome.naver.jp/より引用

 

客は(有)ブランダージュの社長・馬場(袴田吉彦)。

 

 

ふと昨日のチョコレート缶の事を思い出した花咲。
幸三が言った一言。

「箱と中身が同じとは限らない!!」

 

 

ノベルティの時計が入っている箱。
時計を出してみると、丁度300万円が
入る大きさだったのだ!!

 

 

 

 

すると、そこへ(有)ブランダージュの馬場が
融資の依頼に来行した。

 

 

とっさにあの時計を箱なしで渡す花咲。

 

いぶかしげに見る馬場だったが、
「貰ってない」と受け取った・・・

 

 

これで吉川が馬場に渡したのはノベルティではなく
現金だったことがほぼ明確になった!!

 

 

 

更に吉川の後をつけた相馬と花咲は、
吉川と馬場が付き合っていることを
目の当たりにしたのだった。

 

hanasaki

http://drama-tvnote.com/より引用

 

六本木支店長の久保寺を交え、神田課長に
報告したところ、吉川の口座は1年前から
引き出しが増えて現在の借金は1000万を
超えているとのことだった。

 

 

融資課では(有)ブランダージュへの融資は
出来ないと馬場に伝えたという。

 

会社が倒産の危機にある為、
また、同じ事を繰り返すかもしれないと、
現行犯で抑えることにしたのだった。

 

 

 

当日、憂鬱な気持ちで六本木支店に向かう花咲と相馬。

そして繁忙期である月末の午後2時過ぎ、馬場が現れた!!

 

 

b5d3337c

http://drama-tvnote.com/より引用

 

案の定、同じ手口で吉川が例の箱を
渡そうとした時に相馬が馬場の手首をつかみ、
箱に入った現金を確認した。

 

 

奥の応接室へと誘導すると、
窓口にいた吉川も席を立った。

 

 

 

そして、周囲に一礼をする。

 

吉川は花咲に
「心のどこかでほっとしてる・・・
いつかは終わると思ってたけど・・・
彼は悪くありません!!
全部私が一人でやったことです。」
微笑みながら答えた。

 

 

 

 

しかし、調査報告書で馬場が結婚詐欺師
だったことが判明した!!

 

 

吉川以外にも、何人もの女性から結婚することを
盾にお金を巻き上げていたのだ。

 

bd5e8a7f80338c17a540f71f511a9276-700x350

http://drama-tvnote.com/より引用

 

「あなたを絶対に許さない!」
馬場に一発お見舞いした後、花咲は叫んだ。

 

 

 

翌日の新聞には二人の逮捕の文字。

 

一件落着だと喜ぶ芝崎に対し、沈み込む花咲だった。
「愛するって・・・何だろう?」

 

 

まとめ

hanasaki_20140514

http://drama-tvnote.com/より引用

 

まさか、鰹節が入った缶がヒントに
なるなんて思いもしませんでしたね(笑)

 

いつも、何かしらのトリックが組み込まれている
「花咲舞が黙ってない」ですが、今回の第3話は
見ていて「そうだったのかー!!」と驚く
ネタが仕込まれていましたね。

 

 

 

見ていて気持ちが良かったです!!

 

 

 

以上、花咲舞が黙ってないのネタバレ
あらすじ第3話!でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「花咲舞が黙ってない」目次ページ!

 

 

ランキング参加中です。クリックしてね♪

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


ドラマ ブログランキングへ


 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ