デスノート第2話の感想&あらすじ!月の正体がバレたwww


デスノート第2話の感想&あらすじ!
ドラマ「デスノート」第2話のあらすじ感想!

2871591057_1ab2ec1201

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

こんにちは、漫画版デスノート大好きな
元番組カメラマンの鳩サブレです。

 

 

今回は、ドラマ「デスノート」第2話の
感想&あらすじについて書いていこうと
思うのですが・・・

このページは後半ページです。

 

 

「まだ、前半を読んでない!」という人は
先にコチラをクリック!!
⇒デスノート第2話の感想&あらすじ【前半】

 

 

 


 

 

 

デスノート第2話の感想&あらすじ

ike_150525deathnote01

http://drama-tvnote.com/より引用

 

総一郎の問いかけに答えた後、
今度は月が尋ねた。

 

「Lとはどんな関係なの?
キラって危険なんでしょ?心配なんだよ」

 

今まで、母親の死に際に父が帰って
こなかったことをずっと咎め、父に嫌悪感を抱いて
いた月のこのセリフは家族にも不自然に感じられた・・・

 

 

翌日、月は朝刊に強盗犯が拳銃を
奪って逃亡中との記事を見つけた。

 

 

「これだ!」

 

自分をつけてくる男の正体を知る為、
ストーリーを作った。

 

d1e9ea3733e7af3049020eba063f06c8

http://drama-tvnote.com/より引用

 

月がバスに乗り込む。

当然つけてくる男も月の後ろに座った。

 

 

そして幕が上がる。
強盗犯が乗り込んできた。

 

早速、拳銃を見せバスジャックしたのだ!!

 

 

 

犯人が月に協力を促す。
客のみんなから持ち物をすべて集めろというもの。

 

 

月は後ろの席の男に「お願いします」
鞄を受け取ったが、急ブレーキにより中身を
ぶちまけてしまう。

 

 

だが、そこには身分を証明するものはなかった・・・

 

 

609a2f9b

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そこで「ポケットの中もお願いします」と。

 

出された身分証明書にはFBIの文字。
名前もしっかり確認した。

 

 

 

その直後、犯人は拳銃を自分の腹にあて自殺したのだ。

 

 

そして、男の名前と男がLにバスジャックの件を報告し、
持っている拳銃でLを殺害するまでをデスノートに記した。

 

 

 

急いでミサミサの握手会場に向かったが、
そこには警備員の姿もミサミサの姿もなかった。

 

裕木田に連絡したが、ストーカー扱いされ
電話を切られてしまう。

 

 

 

その後、ミサミサはマンション前で
裕木田に突き飛ばされ階段を転がり落ち、
地面に突っ伏した・・・

 

 

それは死亡時刻だった。

 

 

 

09714d6a

http://drama-tvnote.com/より引用

 

「何をやってるんだ・・俺は・・」
自分を責める月。

 

 

・・・すると月の携帯が鳴った。

相手はLだった。

 

 

時計を見た。
デスノートに書いたはずのLの死亡時刻は
とっくに過ぎていた・・・

 

 

FBIの男の名前は偽名だったのだ。

 

 

全てはLが用意した罠だった!!

 

 

11381003_1629067524016992_17443338_n-300x300

http://drama-tvnote.com/より引用

 

これで完全に確信したL。

「あなたがキラですよね?夜神月さん」

 

 

死んだはずのミサミサが目を覚ました。
隣には何故かあの警備員が死んでいた。

 

 

 

そして、月の時と同じようにノートが空から落ちてくる。

 

白い羽と共に。

 

 

以上が、デスノート第2話の
あらすじ&ネタバレです。

まとめ

img_1

http://drama-tvnote.com/より引用

 

展開が早すぎじゃないですか?

 

なんか、もう夜神月の正体が
バレちゃってて笑いが止まらないです(笑)

 

だって、まだ2話ですよ?

 

 

こんなに早く段階で夜神月の素性が
バレちゃったら、今後はどんな戦いが
始まるのか予想すらできませんね(笑)

 

 

正直、ドラマ版のデスノートに関しては
不安しかないです(´・ω・`)

 

 

以上、デスノート第2話の
感想&あらすじ!でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 ■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「デスノート」目次ページ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ