探偵の探偵のあらすじ第1話【ネタバレ】展開が早ぇ・・・


探偵の探偵のあらすじ第1話【ネタバレ】
ドラマ「探偵の探偵」第1話あらすじ&ネタバレ

Web

http://kodanshabunko.com/より引用

 

 

 

こんにちは、昔は探偵に憧れていた
元番組カメラマンの鳩サブレです。

 

今日は注目の新ドラマ「探偵の探偵」
初回放送(第1話)だったんですけど・・・

 

見ました?

 

 

私の正直な感想としては、
“面白いんですけど、展開が早くて
真剣に見ていると疲れちゃう(笑)”
そんなドラマだった気がします。

 

今回は、そんな展開が早い「探偵の探偵」の
第1話あらすじ&ネタバレを書いていきますヘ(゚∀゚*)ノ

 

 

 


 

 

 

探偵の探偵の第1話あらすじ【ネタバレ】

DEAN-FUJIOKA 探偵の探偵 桐嶋役 ドラマ 初出演 本名 嫁 妹

http://mmtre.com/より引用

 

作られていく調査報告書。

調査内容は高校3年生の紗崎咲良(芳根京子)
のものだった。

 

 

そして事件発生。

 

 

愛知県豊橋市で5年前、
女子高生がストーカーに殺された。 
パトカーや野次馬がごった返す中、
運ばれる遺体。

 

 

「妹なんです!通してください!」
警官に制止され必死に遺体へ駆け
寄ろうとして泣き叫ぶ女がいた。

 

 

 

女は警察署内で遺留品の中に
調査報告書があることを知った。

 

その調査報告書を元にストーカーは
妹である咲良の居場所を突き止め、惨殺したのだ。

 

2052273_201504300944868001430360593c

http://www.oricon.co.jp/より引用

 

探偵事務所はどこなのか?誰なのか?

 

女は警官に尋ねるが、
「探偵というのは、事務所の住所や
連絡先などを報告書には載せないものなんだ」
と、要は判らないと暗に言われてしまう・・・

 

 

 

それから2年後、
女は探偵養成スクールに入学を希望した。
女の名前は紗崎玲奈(北川景子)。

 

「何故このスクールに?」
と自らも探偵事務所を抱える社長の
須磨(井浦新)に聞かれ、紗崎は
「探偵のすべてを知りたいから」と答える。

 

156917

http://www.cinemacafe.net/より引用

 

須磨「探偵になりたいわけじゃないのか?」

 

紗崎は「探偵になんてなりたくない」と
厳しい表情のまま言い放つ。

 

 

 

 

事件の事を知ったうえで、
須磨は探偵を探し出す可能性は限りなくゼロに
近いとやんわりとたしなめる。

 

しかし、紗崎の覚悟は揺らぐことがなかった!

 

topics06_1

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

「私がこれをやらなきゃ咲良が生きた意味もない」
ただ死んでしまったことを悲しむだけで、
時間が過ぎていくのが我慢できなかったのだ。

 

2年間のスクール修了と共に、
紗崎は須磨の探偵事務所で対探偵課に
所属することになった。

 

 

そして1年が過ぎたころ、
新入社員の峰森琴葉(川口春奈)が
同課に配属されてきた。

 

スクリーンショット-2015-05-09-14.29.17

http://drama-tvnote.com/より引用

 

峰森も姉妹がおり、紗崎と境遇が似ていた・・・

 

住むところがなく荷物持参だった為、
紗崎と同居することに。

 

 

 

そんな折、対探偵課に案件が舞い込むが
「依頼内容から警察に相談した方がいいのでは?」
という紗崎達に、強引に依頼者は「助けてください」
頼み込んだため、渋々受けることに。

 

 

topics06_2

http://blog.fujitv.co.jp/より引用

 

しかしこれは手の込んだ罠だったのだ!!

 

 

 

以前紗崎が同業者を詐欺として警察に
通報したための報復だった。

 

勿論、依頼者もグル。

 

 

 

タワーマンションに誘い込むため、
待ち合わせの喫茶店で紗崎が会話を聞いている
事を前提に話をしていたのだった・・・

 

 

ちょっと長くなったので後半に分けます。

 

ちなみに後半ページはコチラをクリック!!
⇒探偵の探偵のあらすじ&ネタバレ第1話【後半】

 

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「探偵の探偵」目次ページ!

 

One Response to “探偵の探偵のあらすじ第1話【ネタバレ】展開が早ぇ・・・”

  1. […] んでないよ」という人は先にコチラをクリック!!⇒「探偵の探偵」第1話のあらすじ&感想【前半】 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ