リスクの神様 第8話の感想とネタバレ!社畜は捨て駒だった【悲報】


リスクの神様 第8話の感想とネタバレ!社畜は捨て駒だった【悲報】
「リスクの神様」第8話のネタバレ感想。

visual

http://drama-tvnote.com/より引用

 

こんにちは、元社畜の鳩サブレです(笑)

 

 

今回も「リスクの神様」第8話のネタバレ
感想を書いていこうと思うのですが・・・

 

このページは後半ページです。

 

まだ前半を読んでいない人は先に
前半を読んでくださいね!!
⇒「リスクの神様」第8話のネタバレ感想【前半】

 

 


 

 

「リスクの神様」第8話のネタバレ感想。

RISK701

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そして後日、西行寺と神狩は
もう一度、tousenの社長の所へ行く。

 

 

神狩「社長、銀行の筋から聞いたのですが
あなたの取引会社が倒産の危機だそうです」

 

社長「そんなはずは無いと思うけど?
小松、どうなの!!」

 

 

神狩「恐らく、会社は倒産を認めないで
しょうが、銀行からすると明白なそうです」

 

main

http://drama-tvnote.com/より引用

 

小松「大変ですね。でも我々には、あまり
関係が無いかと・・・」

 

西行寺「取引先のtousenにも、国からの
調査が入るかと思います。
資料の間違いには気を付けてください」

 

 

小松「忠告、ありがとうございます」

 

 

そうして、西行寺たちはtousenを後にする。

 

main (1)

http://drama-tvnote.com/より引用

 

神狩「これで、小松経理部長は
不正会計を訂正するために動くはずです」

 

西行寺「それを尾行するように、
財部くん(志賀廣太郎)に頼んでおいた」

神狩「行動が早いですね・・・」

 

 

そしてその夜、小松は西行寺の思惑通り
会計室で怪しい動きをしていた。

 

不正会計を誤魔化す作業をしていたのだ。

 

toda8

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そんなことがあった後日、西行寺は
小松を倉庫に呼び出し、tousenの
不正会計を全て暴いたことを告げた。

 

小松「全て私がやりました。社長は
関係がありません」

 

神狩「そんなの、やめてください!!」

「このままでは、今回の責任を全て
あなたに押し付けられて、あなただけが
損をする状況になります。」

 

 

小松「・・・いえ、私の責任です」

 

toda

http://drama-tvnote.com/より引用

 

西行寺「分かりました。あなたの責任で
今回の不正会計は行われたのですね」

 

小松「はい。そうです」

 

 

神狩「西行寺さんまで!!」

 

toda1

http://drama-tvnote.com/より引用

 

その後、西行寺はtousenの社長を
危機対策室に呼び出して、今回の
事件の全てを報告した。

 

西行寺「全て小松さんがやったと
本人が言っていますが、その通りですか?」

 

 

社長「ああ。小松の仕業だったのね?」

「こうなったら、彼には責任を取って
やめて頂くしかないわね」

 

「後の信用回復は、私たちのような
会社に残された社員で、どうにかするわよ」

 

takahashihitomi

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そう言って、社長は部屋を出て行ったのだが
しばらくすると、部屋の奥から小松が
悲しい顔をして出てきた。

 

小松「神狩さんの言った通りでした・・・」

 

神狩「小松さん!?いらしたんですか?」

西行寺「私が呼んでおいた」

 

 

小松「私は、切り捨てられる
予定だったんですね・・・」

 

その後、小松は今回の事件の真相を語った。

 

risk304

http://drama-tvnote.com/より引用

 

どうやら、tousenは他に低価格なアパレル
ブランドができたことで、赤字が出ていた。

 

そこへ、社長が小松に対して
「あなた、経理部長よね?どうにかして
ちょうだい!!」と言われ、この言葉を
“不正会計で誤魔化せ”と判断した小松は
必死で売り上げの改ざんを行い、会計を
誤魔化した。

 

 

しかし、後になって社長が小松に
「私、不正会計を白なんて言ってないけど?
これは全て、あなたの責任ということで
やってちょうだい」と言われてしまい、
どうしようもなくなった小松が内部告発文を
サンライズ物産に送ったということらしい。

 

 

 

 

西行寺「そういう事だったんですか。」

 

小松「私は、誰かに不正を暴いてもらって
私を開放して欲しかったのかもしれません」

 

 

西行寺「分かりました。後の仕事は、
あなたの潔白を証明するだけですね」

 

小松「よ、よろしくお願いします!!」

 

tutumi1

http://drama-tvnote.com/より引用

 

その後、西行寺が奔走し今回の不正会計
事件は一件落着となった。

 

 

そして後日、神狩は西行寺が誰かと電話をし
会社を出ていくのを目撃した。

 

これを尾行していくと、西行寺は父親と
サンライズ物産の天童顧問と合っており
過去に関口が逮捕された事件について
口論をしていた。

 

main (2)

http://drama-tvnote.com/より引用

 

その後、西行寺について不審に思った
神狩は、西行寺の過去を調べるのだが
そこを西行寺に見つかってしまう。

 

西行寺「何を調べている!?」

神狩「・・・あなたのことです」

 

西行寺「君は、危機対策室を出ていく
人間だ。知る必要は無い!」

 

 

神狩「私・・・危機対策室に
残ろうと思っています!!」

 

 

以上、「リスクの神様」第8話のあらすじ
&ネタバレです。

 

 

まとめ

mqdefault

http://drama-tvnote.com/より引用

 

今回の「リスクの神様」第8話ですが、
割とラストが予想できる感じの物語でしたね。

 

なんだか、途中から神狩が小松を
庇いだした所ぐらいから「あ~、
ラストは、この人が自白するのか」
みたいな感じで、もう一捻りが欲しかったです。

 

 

以上、「リスクの神様」第8話の
ネタバレ&感想でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

■見逃したドラマを無料で見る方法
⇒詳しくはコチラをクリック!

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「リスクの神様」目次ページ!

 

One Response to “リスクの神様 第8話の感想とネタバレ!社畜は捨て駒だった【悲報】”

  1. […] ちょっと長くなったので後半に分けますね。⇒続きはコチラをクリック!!【後半】 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ