「37.5℃の涙」1話のネタバレ&感想!!主人公の笑顔がwww


「37.5℃の涙」1話のネタバレ&感想!!主人公の笑顔がwww
ドラマ「37.5℃の涙」第1話の感想とネタバレ!

E893AEE4BD9BE7BE8EE6B299E5AD90-thumbnail2

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

 

こんにちは、ドラマを愛する
元番組カメラマンの鳩サブレです。

 

 

今回は「37.5℃の涙」第1話の
ネタバレ&あらすじを書いていこうと
思うのですが・・・

 

 

このページは後半ページです。

 

なので、「まだ前半ページを読んでいない!」
という人はコチラをクリック!!
⇒「37.5℃の涙」第1話の感想&ネタバレ【前半】

 

 

 




 

 

 

「37.5℃の涙」第1話の感想&ネタバレ

maxresdefault

http://drama-tvnote.com/より引用

 

海翔「僕、救急車に乗ったんだ~♪」
「また、乗りたいな!!」

 

 

しかし、その直後に母親が現れる。

 

 

母親「海翔!!大丈夫なの?」

 

海翔「ママー!」

 

 

母親「なに?全然大丈夫そうじゃない!」
「私は忙しいんだから、どうでも良いことで
連絡なんて寄越さないでよ!!」

そう桃子に言い放って母親は仕事に
戻ってしまった・・・

 

mig

http://matome.naver.jp/より引用

 

しかし、桃子は社長に「余計な事をするな!」
とキツく言われていたのだが、我慢できずに
母親を追いかけてしまう。

 

桃子「お母さん!!仕事と海翔くんの
どっちが大事なんですか!?」

「海翔くんは一時期、熱が40℃まで上がって
痙攣を起こして、意識まで失ったんですよ!!」

 

 

それを聞いて母親は、桃子のカルテを読み
驚愕するのだが、すぐにハッとして反論する。

 

 

母親「あなたねぇ、私たちの事情も知らないで
勝手なこと言わないでよ!!」

「私が仕事を頑張らないと、
あの子の生活はどうなるの?」

 

そう言って母親は足早に会社に急ぐのだった・・・

 

 

o0367038713351532485

http://drama-tvnote.com/より引用

 

後日、リトルスノーでは社長の怒号が
響き渡っていた。

 

社長「どういうつもりなんだ!!病児保育士が
お客様に説教をするなんて!!」

桃子「すみません・・・」

 

そしてその時、海翔くんと母親が
リトルスノーの事務所に現れる。

 

桃子「昨日は申し訳ございませんでした!!」

母親「ありがとうございました!!」

 

母親に怒っている様子は無く、
桃子に対して感謝の笑顔で溢れていた。

 

どうやら、今回の事件がきっかけで
自分のワガママで海翔くんよりも仕事を
優先していたが、一番大切なのは仕事では無く
海翔くんという事に気が付いたとのことだった。

 

 

f550bb83a36cea

http://drama-tvnote.com/より引用

 

母親「是非、また海翔が熱を出したら
よろしくお願いします」

桃子「よろこんで!!」

 

 

 

その後、海翔くんと母親は帰宅し桃子は
社長に「私、もっと子供を笑顔にできるように
頑張ります!!」とやる気を見せるのだったが・・・

 

 

社長「ふざけるな!!今回は運が良かっただけだ」
「君は病児保育士に向いていない!!」

 

と言われてしまうのだった・・・

 

 

以上が、「37.5℃の涙」第1話の
感想&ネタバレになります。

まとめ

160469

http://www.cinemacafe.net/より引用

 

いかがだったでしょうか?

正直な感想を言うと、
社長(藤木直人)怒りすぎですよね?

 

ずっと怒ってた気がします(笑)

 

nf2015

http://drama-tvnote.com/より引用

 

まぁ、全体的に主人公・桃子がオロオロしすぎて
イライラした部分もあったのですが、
気が付くと真剣に見てた気がします。

とは言っても、お世辞にも
「最高に面白かった!!」とは言いにくいです(笑)

 

 

以上、「37.5℃の涙」1話のネタバレ&感想!!でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「37.5℃の涙」目次ページ!

 

One Response to “「37.5℃の涙」1話のネタバレ&感想!!主人公の笑顔がwww”

  1. […] ちなみに、後半はコチラをクリック!!⇒「37.5℃の涙」のあらすじ&ネタバレ【後半】 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ