刑事7人 第7話の感想とネタバレ。被害者がゲスすぎるwww


刑事7人 第7話の感想とネタバレ。被害者がゲスすぎるwww
「刑事7人」第7話のネタバレ感想!!

yjimage

http://drama-tvnote.com/より引用

 

こんにちは、ドラマ大好き!!
元番組カメラマンの鳩サブレです。

 

 

今回も「刑事7人」第7話のネタバレと
感想を書いたのですが・・・

 

このページは後半ページです。

 

まだ前半を読んでいない人は先に
そちらを読んでくださいね!!
⇒「刑事7人」第7話のネタバレ感想【前半】

 

 


 

 

「刑事7人」第7話のネタバレ感想!!

343845_615

http://drama-tvnote.com/より引用

 

ミズタたちはミゾグチにカマをかけてみるため
ラジウムへ再び行った。

 

そして、ミゾグチに話を聞くと
意外なことが判明した。

 

 

実は、ミゾグチは事件当日
被害者・マユミの部屋に行っていた。

 

しかも、2人は怪しい男女関係にあったのだ。

 

x240-Dod

http://drama-tvnote.com/より引用

 

ミゾグチの話によると
突然マユミから電話があり、
約束場所に行ってみると
そこでマユミが死んでいたと言うのだ。

 

 

そして、逃げ去る男の姿をみたらしい。

 

どうやらそれはキジマのようだった。

 

5a887c39

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そして、取調室でキジマを追求したものの
かえってキジマは頭を下げ、
「このまま静かに罪を償わせてください・・・。」
と言うばかりだった。

 

アマギは黙るしかなかった。

 

 

その直後、被害者のケータイが見つかる。
キジマのアパートのすぐ近くで。

 

 

 

 

その後、被害者・マユミの携帯の
内容が復元された。

 

“これで君の優勝は間違いないね。”
とのメール文と画像があった。

 

 

画像には、キジマが入院していた病院の
廊下を歩くミサが写っていた。

 

 

 

これを見て、アマギはナガサワに告げた。
「・・・つながった。」と。

 

819b5fc78131ca5c3d32a41a707b0ce0

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

そして、全国に店舗を持つ洋菓子店・ラジウムの
コンクールの当日、ミサはミズタに会場前で
呼び止められた。

 

ミズタ「お願い、本当のことを話して。」

 

 

 

その頃、アマギはキジマに自分の推理に確信を
持って話していた。

 

アマギ「カラオケボックスで書いていたのは
遺書ではなくて、ミサさんへの手紙だったんですね?」

 

 

アマギは続けた。

アマギ「彼女の病気を隠すために、
あなたは・・・。」

 

yjimage

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そして、真犯人はマユミを取材して
つきまとうようになった記者であった事が判明する。

 

 

実は、ミサはコンクールを前に味覚に障害がでて、
それを必死に隠そうとしていたのだった。

 

しかし、マユミにそれを勘付かれ、
マユミは自分に好意を寄せる記者を利用し
ミサにコンクールを辞退させようとしたのだった。

 

 

 

だが記者は、それに反対し口論になり、
勢いでマユミを殺害してしまった。

 

キジマは、その記者の身代わりになったのだ!

 

 

2013

http://drama-tvnote.com/より引用

 

キジマは入院中、ミサの父親の将棋相手だった。

はじめに声をかけたのはミサに付き添われた
ミサの父親のほうであった。

 

ボクサー時代のキジマを知っていたのだと言った。

 

 

まもなく、ミサの父親は亡くなるのだが、
ミサの夢は菓子店を開いていた父親の夢でもあり、
一人前に早くなりたいからと、味覚障害のことを
打ち明けられはしたが、父親には黙っていてくれと
一人で悩むミサの力になりたいとキジマは思ったのだ。

 

そして、キジマは事件の一部始終を
目撃してしまい、このままだと記者が
逮捕され、ミサの味覚障害が原因で
口論になったとミサの味覚障害がバレて
しまうのを恐れて、自分が身代わりになったのだった。

 

00000876107

http://drama-tvnote.com/より引用

 

キジマは取調室でアマギにたずねた。
「刑事さん、コンクールの結果は?」

 

その頃、コンクールの会場ではミズタがミサに
ねぎらいの言葉をかけていた。
「残念だったわね。」

 

 

ミサは笑顔で答えた。
「味覚障害、少しずつ治って来ているんです。
キジマさんの手紙に入っていたアメ、
それがキッカケで気づいたんです。」

 

34379639fb2d74f50f3795c7a889789f-620x349

http://drama-tvnote.com/より引用

 

キジマはアマギに言った。
「私、ちょっとは、
人のために生きられましたか?」

 

アマギ「はい。」

 

 

アマギの返答に、キジマは泣き崩れた。
「刑事さん、本当は死ぬのがコワいんです。」

 

アマギは告げた。
「それが、生きているってことだと思います。」

 

 

以上が「刑事7人」第7話のネタバレ&あらすじです。

 

まとめ

001

http://drama-tvnote.com/より引用

 

今回の「刑事7人」第7話は、ラストが
割と予想外の展開で面白かったですね。

 

まぁ、最初から
「こいつは犯人じゃないだろうな」
とは分かっていたのですが、まさか
ミサの味覚障害を隠すために犯人の
身代わりをしていたとは・・・

 

そこまでは予想できませんでした(笑)

 

 

皆さんの意見も聞かせてくださいね!!

 

以上、「刑事7人」第7話のネタバレ感想
でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

■見逃したドラマを無料で見る方法
⇒詳しくはコチラをクリック!

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「刑事7人」目次ページ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ