リスクの神様 第7話のネタバレ!投資家ヤバすぎワロスwww


リスクの神様 第7話のネタバレ!投資家ヤバすぎワロスwww
「リスクの神様」第7話のネタバレ感想。

5512afea53dd9b85bb5ad05ea02e6309-400x225

http://drama-tvnote.com/より引用

 

こんにちは、元番組カメラマンの
鳩サブレです。

 

 

今回も「リスクの神様」第7話のネタバレと
感想を書いていこうと思うのですが・・・

 

このページは中編ページです。

 

まだ、前半を読んでいない人は先に
そちらを読んでくださいね!!
⇒「リスクの神様」第7話のネタバレ感想【前半】

 

 


 

 

「リスクの神様」第7話のネタバレ&感想!!

toda8

http://drama-tvnote.com/より引用

 

後日、危機対策室は片山について
調査すると、予想通りの事実が判明する。

 

 

烏丸屋の危機をわざと見過ごした花村監査役と
片山は繋がっており、その背後には海外の
投資会社・グリーンリバーがいて、
この会社は倒産しそうな会社を
買収して経営を乗っ取り、荒稼ぎの材料にする
最低な会社だったのだ。

 

しかも、元社長の復帰を希望している
片山に騙されて、元社長も片山側に
加担しているという。

 

手塚とおる半沢直樹

http://drama-tvnote.com/より引用

 

西行寺「このままでは、烏丸屋は
荒稼ぎの道具にされボロボロになる」

 

大樹「どうすればいいですか?」

 

 

そうして、神狩(戸田恵梨香)が現状と
対策案を説明する。

 

 

 

現在、大樹率いる烏丸屋は株の35%を
所有しており、敵は45%を所有していた。

 

そして、元社長で大樹の父・竜太郎が
15%を所有しているので、会社を救うには
大樹と竜太郎が和解するしかなかった。

 

300x

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そして後日、危機対策室と大樹が
竜太郎に会いに行く。

 

 

大樹「お父さん、会社が乗っ取られてしまう
危機なんです。助けてください。」

 

竜太郎「ふざけるな!全てをかけて発展させた
会社を大切に育てた一人息子に追い出された
父親の気持ちがお前にわかるか!?」

「お前とは親子の縁を切ったはずだ!」

 

 

大樹「お父さん・・・」

 

こうして、親子の和解は失敗してしまった。

 

 

 

 

次の日、神狩は大樹に新たな解決案を
提案した。

 

それは、株を新たに発行して
それを信頼できる知り合いに売って
自分側の持ち株の割合を増やすというものだ。

 

 

神狩「誰か、資金に余裕がある知り合いは?」

 

大樹「一人だけいます!」

 

 

そういって大樹は、大学時代の友人で
烏丸屋が海外進出する際にも世話になった
フォー(木下ほうか)を連れてきた。

 

140731-h019_01

http://drama-tvnote.com/より引用

 

フォー「初めまして、投資家をやっている
フォーと申します」

 

神狩「よろしくお願いします」

 

 

フォー「大樹に状況は聞きました。
私も友人の大樹の役に立てるのなら
喜んで協力させていただきます!!」

 

 

こうして、乗っ取り対策はスムーズに
進み、烏丸屋も安泰かと思われたが
西行寺は、浮かない顔をしていた。

 

20131003111140107_image-630x472

http://drama-tvnote.com/より引用

 

大樹「いや~よかった。
では早速、役員会議で新たな株の発行を
採決したいと思います!!」

 

 

西行寺「ちょっと待ってくれ!
上手く進み過ぎている。」

「種子島くん(古田新)にフォーを
調べてもらっているんだ。待ってくれ。」

 

002

http://drama-tvnote.com/より引用

 

すると、種子島がやってきて驚きの
真実が判明する。

 

 

なんと、フォーは表向きは投資家だが
裏では、企業の裏金に関わっていたりする
ヤバい人物だった。

 

しかも、片山やグリーンリバーとも
繋がっていたのだった!!

 

 

ちょっと長くなったので後半に分けます。
⇒続きはコチラをクリック!!【後編】

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「リスクの神様」目次ページ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ