民王 第3話の感想とあらすじ!バカ息子は意外と有能www


民王 第3話の感想とあらすじ!バカ息子は意外と有能www
「民王」第3話のあらすじ感想。

2056528_201507240716334001437685225c

http://drama-tvnote.com/より引用

 

こんにちは、元番組カメラマンの
鳩サブレです。

 

 

今回も、いつもみたいに大胆に
「民王」第3話の感想とあらすじを
書いていこうと思うのですが・・・

 

 

このページは中編ページです。

 

まだ前半を読んでいない人は先に
そちらを読んでくださいね!!
⇒「民王」第3話の感想とあらすじ【前半】

 

 


 

 

「民王」第3話の感想とあらすじ

11820452_1101780116517909_63253311_n

http://drama-tvnote.com/より引用

 

司会「では早速、討論を始めてもらいましょう。」

「総理、今回の国会について意見を聞かせてください」

 

 

その後、翔はイヤホンから聞こえてくる
泰山の声を復唱し、何事もなく順調に
討論が進んでいくのだが、途中から
ライバル・蔵本のペースに飲み込まれていく。

 

f084479cad1a76c8c10319092ad366d5

http://drama-tvnote.com/より引用

 

蔵本「私の考えとしては、アルバイトの
最低賃金を上げることで貧困学生の
悩みを緩和して・・・」

 

泰山「バカな!お前よりも俺の方が
それに関しては詳しい!!」

 

 

 

しかし、この言葉を無線機が拾ってしまい
翔のイヤホンに送られてしまう。

 

 

翔「バカな!お前よりも俺の方が
それに関しては詳しい!!」

 

翔は、泰山の言葉をそのまま言って
しまったのだ。

 

yjimage

http://drama-tvnote.com/より引用

 

蔵本「あなたのような、庶民の気持ちも
理解できない富裕層育ちが学生の貧困を
救えるはずがありません。」

「あなたは最低賃金がいくらなのか
ご存知ですか?」

 

 

泰山「知らん、貝原、早く調べろ!!」

貝原「電波が悪くて検索できません。」

 

 

この後、イヤホンからは泰山の怒号が
鳴り響いており、翔は討論に集中
できない様子だった。

 

 

 

 

翔「えっと・・・あの、その。」

 

すると、翔は命綱であるイヤホンを
外してしまった。

 

 

泰山「あのバカ!イヤホンを外したぞ!!」

貝原「武藤内閣、終わった・・・」

 

 

翔「888円です。」

蔵本「違います、869円です。」

 

 

泰山「最悪だ・・・」

 

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202015-07-232015.00.05

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

翔「いえ、最近になって19円上がって888円です。」

 

司会「確認しましたところ、888円が正しいです」

 

 

この後、翔は自身が親から逃げ出すように
実家を飛び出した後、体験した貧困学生の
実態を詳しく話し、討論は翔の大勝利に終わった。

 

46108331_220x217

http://drama-tvnote.com/より引用

 

泰山「やるじゃないか!!」

翔「はい!!」

 

狩屋「いや~、翔ちゃん凄いね!」

貝原「見事です。」

 

 

この4人の喜ぶ姿を蔵本は厳しい目で
一見して、そそくさと帰っていくのだった。

 

001_size6

http://drama-tvnote.com/より引用

 

泰山「では、俺は誕生日会に誘われたので
行ってくる!」

貝原「私も誘われましたので。では!」

 

 

なんと、泰山と貝原は
翔の代わりに授業に出席した際に
村野エリカ(知英)から誕生日パーティーに
招待されていたのだ。

 

 

翔「僕も行って良いんでしょうか?ニヤニヤ」

 

狩屋「ダメに決まってるでしょ!?
翔ちゃんの顔は総理だよ?」

 

翔「・・・」

 

o0800039413382469043

http://drama-tvnote.com/より引用

 

どうやら、そのパーティーには翔が
恋心を抱いている南真衣(本仮屋ユイカ)も
出席するらしく、「行きたいな。」と
すねている翔に番組の司会だった美人キャスターが
声をかけてきた。

 

 

司会「今日は出演ありがとうございました。」

翔「いえ、こちらこそ」

 

司会「この後、打ち上げがあるのですが。」

翔「いえ、私は帰りま・・・」

 

 

狩屋「(翔ちゃん、マスコミを味方に
つけないとダメだよ)」

「是非、行かせていただきます!!」

 

 

こうして、翔と泰山はそれぞれ別の
会場に向かうのだった。

 

 

 

ちょっと長くなったので後半に分けます。
⇒「民王」第3話のあらすじ&ネタバレ【後半】

 

 

 

 ■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「民王」目次ページ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ