リスクの神様の感想とあらすじ第5話!西行寺の過去がヤバイ!?


リスクの神様の感想とあらすじ第5話!西行寺の過去がヤバイ!?
「リスクの神様」第5話の感想とあらすじ!

5512afea53dd9b85bb5ad05ea02e6309-400x225

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

こんにちは、元番組カメラマンの
鳩サブレです。

 

 

 

今日も大胆に淡々と「リスクの神様」
第5話の感想とあらすじを書いていこうと
思うのですが・・・

 

 

このページは後半ページになります。

 

なので、まだ前半を読んでいない人は
先に前半を読んでくださいね!!
⇒リスクの神様の感想とあらすじ第5話【前半】

 

 


 

 

リスクの神様の感想とあらすじ第5話

risuku3-e1437704967738

http://drama-tvnote.com/より引用

 

この時、誘拐されたのは幼い少女で
西行寺の元へ少女が暴力受けて叫んでいる
映像が送られてきた。

 

その映像を見た後、西行寺は身代金の
入ったカバンを持ち、犯人の元へ行く。

 

 

 

そして、犯人の指定した場所に着くと、
西行寺の携帯に電話が掛かってくる。

 

9fc27c4495d741b780f103ddf787d49b

http://drama-tvnote.com/より引用

 

犯人「金を地面に置き、立ち去れ!」

 

西行寺「警察には言わない。
だから、人質のいる場所を教えてくれ。」

 

 

犯人「金を置け。」

 

 

 

身代金を地面に置き、西行寺がその場を
離れると、電話話切れてしまう。

 

しかしその直後に犯人が身代金を取りに
現れ、西行寺はその後を追う。

 

 

 

 

その後、犯人の逃げた先は行き止まりで
西行寺は犯人を追いつめることに成功した。

 

西行寺「君を警察に突き出したりはしない!」
「人質の居場所を教えてくれ!!」

 

だが、犯人は答えずに後ろに
後ずさりしている。

 

 

 

そしてその直後、犯人は足を踏み外して
高い所から落ちてしまった!!

 

西行寺が犯人の落ちた先を見ると、
下では、頭から血を流した犯人が
横たわっている。即死だ。

 

20181734

http://drama-tvnote.com/より引用

 

その数日後、人質は発見されたのだが
既に死亡していた。

 

 

種子島「死亡推定時刻、3日といった所か。」

「もう少し、発見が早かったらな。」

 

西行寺は過去に自分のミスで
人質を助けることができなかった
悔しい過去があったのだった。

 

risk401

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そして、場面は現在の危機管理室へ。

 

犯人から正式に直筆の
犯行声明文が送られてきた。

 

そこには、テロリストの犯行声明で
よく見られる直筆のサインまで書いてある。

 

 

犯人はテロリストの可能性が高そうだ。

 

1a26aeb1368724b2c55b42e011df7de4

http://drama-tvnote.com/より引用

 

しかし、神狩が不自然な点を発見する。

 

 

神狩「名前のスペル、間違ってませんか?」
「普通、自分の名前を書き間違えませんよね?」

 

「それにこの文章では、所々で“H”が省略
されているんですよ。」

 

 

「人質の“袴田(はかまだ)”が“Akamada”に
なっていたりします!!」

 

「“H”を省略するのはフランス語の特徴です。」

 

 

この神狩の一言によって、事件は解決に
一歩前進することになる。

 

toda8

http://drama-tvnote.com/より引用

 

その後、西行寺は現地にいる種子島に
フランス系の人間で会社に恨みがある
人間を調べるように要請。

 

すると、人質のメガネに付着していた
指紋と一致する人物が2人判明した。

 

 

 

それは、現地の工場で働く兄弟で
「賃金が安すぎる」という理由で
トラブルを起こし、クビになっていた。

 

そしてその後、この2人は指名手配され
すぐに逮捕された。

 

150625-report

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

どうやら、人質も無事のようである。

 

 

西行寺「神狩くん、君の能力も
やっと使えるようになってきたな。」

 

神狩「はい。」

 

 

こうして、危機管理室の活躍で
事件は解決されたのであった。

 

以上が「リスクの神様」第5話のあらすじ&
ネタバレです。

 

 

まとめ

e5205282389bfe5d36aa1baf4c0d3e56

http://drama-tvnote.com/より引用

 

なんだか、「リスクの神様」は
回を重ねるごとに面白くなくなって
いっている気がします。

 

というのも、主人公の西行寺が善人な
エピソードが増えてきた気がするんですよ。

 

 

「リスクの神様」第1話や第2話の時点での
西行寺は、相手の弱みを握って無理矢理に
事件を隠ぺいさせたり、自分の依頼主を
救うために、若いアイドルのスキャンダルを
わざと助けなかったりと、鬼畜な行動が
多かったのですが、最近では人助けに
全力な良い人過ぎて・・・(笑)

 

西行寺には、もっと鬼畜な悪人で
あってほしいですね(笑)

 

 

以上、リスクの神様の感想とあらすじ第5話でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「リスクの神様」目次ページ!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ