刑事7人の感想とあらすじ第4話。記憶喪失?あれは嘘だ!!


刑事7人の感想とあらすじ第4話。記憶喪失?あれは嘘だ!!
「刑事7人」第4話の感想とあらすじ

340745_615

http://drama-tvnote.com/より引用

 

こんにちは、ドラマ大好き
元番組カメラマンの鳩サブレです。

 

 

 

今日も「刑事7人」第4話の感想と
あらすじを書いたのですが・・・

 

このページは後半ページです。

 

まだ前半を読んでいないという人は
先にそちらを読んでくださいねヘ(゚∀゚*)ノ
⇒「刑事7人」第4話の感想とあらすじ【前半】

 

 


 

 

「刑事7人」第4話の感想&あらすじ

w600c-e_1738074

http://drama-tvnote.com/より引用

 

アマギは署に戻り、セイザブロウについて
運転手の男にたずねた。

 

 

運転手「先代は、従業員を大切にする方で
尊敬しておりました。」

 

アマギ「タカスギさんって人、知ってます?」

 

運転手「はい。先代は、お酒を買っては
タカスギさんのお宅に行ってました。」

 

 

 

隣室で事の成り行きをみていた
12係の面々がうなずいた。
「そういうことかぁ。」

 

 

_1-2 logo small_14362784283782

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

続けて、運転手の男は
「先代には隠し子がいるというウワサが
ありました。」と重大発言。

 

事件は核心に近づいていった。

 

 

その後、ドウモトに頼んでタカスギの
記憶を取り戻すため、催眠療法を行った。

 

タカスギは、自分を突き落とした犯人と
シモカワを殺した犯人との名前に、
木戸ホールディングスの顧問弁護士・ソエジマの
名前を挙げた。

 

 

 

 

 

 

そこへアマギの携帯に電話が・・・。
「例の金属片、何か分かったぞ。」

 

アマギは考え込みつぶやいた。
「つながった・・・!」

 

 

 

実はタカスギではなく、
タカスギの妻が隠し子だったのだ!!

 

 

m_sponichi-spngoo-20150715-0091

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

そして、タカスギの妻は白状した。

 

キャンプ場でシモカワに襲われ、
タカスギは記憶を失い、タカスギの妻・マコトは
はずみでシモカワを凶器で刺してしまったと・・・。

 

 

 

そして、アマギは種明かしをした・・・

 

タカスギに施した催眠療法は茶番だったのだ!!

 

 

x240-LBx

http://drama-tvnote.com/より引用

 

タカスギは、催眠療法にかかったふりをして、
犯人をソエジマといい、妻をかばったのだった。

 

つまり、タカスギの記憶は
すでに戻っていたのであった。

 

 

 

同じころ、木戸ホールディングスに
顧問弁護士・ソエジマを尋ねていた係長たちは、
ソエジマの無罪の連絡をアマギから
受け取りそう告げたのだった。

 

ソエジマは、「名誉毀損で訴えるぞ!」
と意気込んでいたが、タカスギの記憶が
戻ったこと伝えると椅子に座り込んだ。

 

 

 

先代の遺産相続に絡んで、自分達が
してきたことをこれから全部暴露されるのである。

 

34379639fb2d74f50f3795c7a889789f-620x349

http://drama-tvnote.com/より引用

 

「申し訳ありませんでした。」
と頭を下げるタカスギにアマギは
「あなたにはやるべきことがあります。」
と言って机の上の弁護士バッチをタカスギに
渡して言った。

 

「それは、奥さんの弁護です!!」

 

 

まとめ

20150729-00000011-the_tv-000-view

http://drama-tvnote.com/より引用

 

私は、刑事7人の最後に東山紀之さん
演じるアマギがトリックの種明かしを
するシーンが大好きです。

 

 

 

今回は、タカスギに施した催眠療法が
嘘だったことがトリックでしたが、
毎回、何かしらのトリックがあって
面白いですよね。

 

ただ、他のシーンがイマイチなので
もっと色々なトリックをドラマ中に
組み込んだら、もっと面白くなる
ような気がします。

 

 

まぁ、それはそれで面倒臭いドラマに
なりそうですが(笑)

 

 

 

以上、「刑事7人」第4話の感想&あらすじでした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「刑事7人」目次ページ!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ