ナポレオンの村 第2話のあらすじとネタバレ!無愛想なガキがきたw


ナポレオンの村 第2話のあらすじとネタバレ!無愛想なガキがきたw
「ナポレオンの村」第2話のネタバレあらすじ

CIejdQyUAAASMEk

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

 

こんにちは、元番組カメラマンの
鳩サブレです。

 

前回放送されたドラマ「ナポレオンの村」は
すごく面白かったですね!!(≧▽≦)

 

 

過疎化が進んで廃村が危ぶまれる限界集落を
1人のエリート公務員が普段の努力とカリスマで
村おこしを成功させちゃう話でしたが、
見ていてドキドキするし、ちょっと笑っちゃうし
かなり面白かったです。

 

前回の「ナポレオンの村」はコチラをクリック
⇒「ナポレオンの村」第1話のあらすじ&ネタバレ

 

 

では、今回も「ナポレオンの村」第2話の
あらすじとネタバレを書いていきますね!!

 

 

 


 

 

 

「ナポレオンの村」第2話のネタバレあらすじ

maxresdefault

http://drama-tvnote.com/より引用

 

主人公・浅井(唐沢敏明)は、今日も
廃村の危機にある神楽村を復興させるために
様々な構想を練っていた。

 

浅井「神楽村にテーマパークと宿泊を
併設して人を呼び込むんです!!」

 

これに対して、神楽村を廃村にし
市の予算を確保したい市長側は、
村を復興させようとしている浅井を
厄介に思っていた。

 

 

そんな浅井に余計なことをさせないように
課長(ムロツヨシ)は、浅井に新たな仕事を
押し付けた・・・

 

新しく神楽村への移住を希望した
とある家族のサポートである!!

 

 

 

 

後日、その家族・橋尾一家の3人が
神楽村にやってきた。

 

そして、浅井は村人たちを家に集め
橋尾一家が村人に挨拶する場を設けた。

 

 

橋尾・父「よろしくお願いします。」

 

次女「お願いしましゅ!!(幼い)」

 

 

 

長女「年寄ばっかり。」「若者も頭悪そう・・・」

 

この一言に村人たちは激怒し、
村人のヒロミに対する印象は
最悪なものになってしまった・・・

 

長女のヒロミは、思春期ということもあり
無愛想で他人に対する思いやりの気持ちが
欠けていたのだ。

 

s1_yamaguchimayu1504_3

http://drama-tvnote.com/より引用

 

 

そしてその後、源さん(星田英利)は、
橋尾一家に、村での注意点を説明した。

 

 

源さん「あの山の上にある病院には
絶対に近づいちゃいけねーよ。」

 

「あそこには、隔離された患者がいて
病気がうつっちまうんだ!!」

 

 

父「私の妻が結核で、あそこで入院して
いるので私たちは引っ越してきたんです・・・」

 

 

この一言で村人たちは言葉を無くし、
挨拶は終了した。

 

 

s3_yamaguchimayu1504_3

http://drama-tvnote.com/より引用

 

そんなある日、浅井が市役所で
職員のみんなに“神楽村テーマパーク案”を
熱弁していると、窓口にヒロミがやってきた。

 

どうやら、入院している母親(菅野美穂)が
「ここの病院のお米は美味しくないの」
言っていたらしく、ヒロミは「お母さんの為に
美味しいお粥を作ってあげたい!!」
言い出した。

 

 

以前の無愛想な振る舞いにイラついていた
岬(麻生久美子)は、嫌そうな顔を
浮かべるのだが・・・

 

 

浅井「おじさんが手伝うよ!!」
「ね?岬くん!!」

 

岬「え!?」

浅井「その代わり、ヒロミちゃんが全部
自分で作るんだ。」

 

ヒロミ「私が全部?・・・無理だよ。」

 

 

浅井「ダメだ!ヒロミちゃんが一人で作らないと
意味がない。」

「だから、カマドも土鍋も1から作るんだ。いいね?」

 

ヒロミ「・・・うん」

 

 

001

http://drama-tvnote.com/より引用

 

こうして、浅井と岬はヒロミのお粥づくりを
手伝うことになったのだが、以前のヒロミの
態度に激怒していた村人は、ヒロミの
カマド作りや土鍋作りの協力を拒否した。

 

これによって、土鍋を作るための窯を
貸してもらえなくなったので、お粥づくりは
中断されてしまうのだった。

 

 

 

ちょっと長くなったので中編に分けますね。
⇒ナポレオンの村2話のネタバレあらすじ【中編】

 

 

 

■目次ページはコチラをクリック!!
⇒「ナポレオンの村」目次ページ!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ